かき氷

先日、たこ焼き屋台を実演してくれた職員のIさんが今度はかき氷をひまわり荘で実演してくれました。
実際に業務で使用しているかき氷機を使っての実演は見ているだけでも楽しいものでした。
e0360848_03413851.jpg

業務用手動かき氷機の裏側はこんな風になっています。
e0360848_03414034.jpg

氷を氷押さえを下ろしてこのようにセットします。セットする氷はもちろん板氷などではなく、ブロック氷を使います。
氷押さえには釘狀の突起があり、それを食い込ませて氷を固定しています。下の金色の円盤部分には刃が装着されており、この刃で氷を薄く削っていきます。
e0360848_03413954.jpg

簡単に作っているように見えますが、実際には氷や刃の位置を細かく調整しながら削っていくので見た目ほど楽な作業ではありません。特にふわふわの見た目も歯触りも良いかき氷を作るのはかなりの経験と技術が必要だそうです。また器も回転させながら周囲から氷を盛っていくなど見ているだけでは気がつかないコツがいろいろとあるそうです。
e0360848_03414123.jpg


e0360848_03533996.jpg


e0360848_03414063.jpg

e0360848_04012470.jpg

この日は色とりどりのかき氷が次から次へと出来上がっていく様子にみな目を奪われてしまいました(笑)
e0360848_03413895.jpg

出来上がったかき氷には利用者の皆さん、とても喜んでいました。
e0360848_03414187.jpg

[PR]
by metisblog | 2017-08-03 03:57 | ひまわり荘