<   2018年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

水虫の予防・対策

梅雨の時季になり、ジメジメとした日が続きますね103.png

高温多湿の時季は食中毒菌だけではなく水虫の菌も活発に活動いたします。
グループホームでは共同生活をするにあたり、
■脱衣所・バスマット・床・カーペットの清潔維持
■スリッパ・サンダル・爪切りなどは共用しない
などの対策をしております。
それでも免疫力の低下などにより水虫が発症してしまう事があります。

そこで 特にこの時季は、水虫を発症してしまった利用者さんのケアを重点的に行なっております。


 水虫を発症してしまった利用者さん    

e0360848_15083841.jpg

小指と薬指の間に白いカビのようなものがあります。この水虫の原因は白癬菌です。
これはカビの一種で、皮膚の角質層に棲みついてタンパク質を栄養源に繁殖していく。
白癬菌は暖かく湿った環境を非常に好みます。


177.png治療方法ですが、幹部をよく洗い清潔に保つ事です。

  まず ① の治療器と殺菌・消毒薬を使って足を洗います。


①紫外線水虫治療器
e0360848_15170665.jpeg

②ブテナロックと指間ブラシ

e0360848_15171598.jpeg

①にぬるま湯を入れ作動させ ②を使い指の間をブラシでよく洗います。
その後、治療器の紫外線が排出される部分に足を乗せ(紫外線防止メガネをする)
5分間水虫の部位に当てます。
最後に水を捨てて足を乾燥させます。(この治療器は足の乾燥機能が付いてます)


e0360848_15131077.jpg



足を乾燥させて よくタオルで拭いたら、幹部にルリコンを塗ります。

ルリコン(薬局で処方される代表的な水虫治療用クリーム)
e0360848_15172383.jpeg


約2週間でほぼ消えかけました。
繰り返し続けて成果が出てくるとテンションが上がります。
下記のようにだいぶ治ってきました101.png

e0360848_15133808.jpg

177.png症状が軽い方は 風呂桶にお湯を入れ、ブテナロックを泡だてブラシで指の間をゴシゴシした後に水洗いをし、よく足を拭いてからルリコンを塗るだけでもだいぶ良くなりました。

水虫でない方もお風呂上がりに市販の木酢液を吹きかけてあげておりますが
水虫予防、消臭・殺菌効果があるようです102.png

木酢液(消毒・抗菌)
e0360848_15125611.jpg



[PR]
by metisblog | 2018-06-20 15:51 | メーティス全般